訳あって今になって保険を考え中

このタイミングで保険を考えることに

結婚して5年も経つけど未だに保険に未加入です。
さすがに損保系には加入しています。
何の保険かというと自動車保険や災害保険です。

それ以外の自分自身の保険が未加入なんです。
これまでは体も丈夫だし保険なんて要らない。
そんな気持ちでいましたが、さすがに子供が産まれたことで
そろそろ本格的に保険を用意しなくちゃと思ってる。

万が一のために生命保険

我が家の場合、夫婦共働きですがどちらかに万が一のことがあったら
家計はいきなり火の車状態です。まだ家も賃貸で購入を検討中のため
主人にもしものことがあったとしても、家を確保することはできません。

 

よく、住宅を購入しちゃえばローンについては名義人が死亡すると保険でカバーされるため
家のローン返済がなくなると聞きますが、我が家の場合賃貸マンションのためそういったことがないでう。そうなると一家の主がどうなろうと家賃は発生することになります。

だから大きな死亡保険に入ることになりますがあるところで試算してみたところ
おおよそ4,000万円くらいの保障が必要になることがわかっています。

 

こんだけ大きな金額の保障に入る必要あるのかと疑問に感じましたが
説明を受けていると納得できました。確かにこれからの子供の教育費や毎月の生活費を考えるとこの先の20年~30年にかかるお金は最低このくらいになってきます。

多額の生命保険は掛け捨て

主人名義で入る多額の生命保険に関しては掛け捨てタイプです。

ちょっと掛け捨ては嫌だなぁと思ったのですが、こちらも説明を受けて納得です。
仮に掛け捨てじゃない保険で多額の生命保険を用意するとなると、保険料がバカ高くなります。
とてもじゃないけど払える金額ではないし、そもそも多額の保険金を受け取れる掛け捨てじゃない生命保険に入ること自体が普通じゃないし、加入自体もNGなのかもしれません。

 

だから掛け捨てと聞くと損なイメージありますが決してそんなことはなく、
総合的に考えなくちゃダメだと気づかされました。

よく考えてみると自動車保険や火災保険も掛け捨てだし、
つい先日海外へ行った際に入った海外旅行保険だって掛け捨てでした。

保険を考えるときに注意すること

保険を考えるときに注意することは、将来プランをきちんと立てることです。
未来を正確に予想することはできなくても、ある程度どんな生活をしたいのか考えてみることです。たとえば老後だったり子供の教育方針について夫婦間で共有することで、必要な保険が違ってきます。子供は絶対に私立一本と考えるなら教育費が数千万円かかってきます。

そのためには学資保険の積み立てなんかも検討しなくちゃなりません。

これから海外へ行くって方は当日でもOKな海外旅行保険が便利です。
台風など自然災害を考えると火災保険は絶対必須です。

アーカイブ